アセトニトリル節約装置 | 理化学機器・実験器具の販売 株式会社サンプラテック

販社ナビ

アセトニトリル節約装置 | 株式会社サンプラテック
  • TOP
  • アセトニトリル節約装置
アセトニトリル節約装置

 

この商品についてのお問い合わせは
海外営業部 小川まで
E-mail : k.ogawa@sanplatec.co.jp

カラムからのアセトニトリル流出液を"回収溶媒"と"廃液"に自動分離
検出器のアナログ信号出力を接続して、電磁弁の切替動作によりカラムからの流出液に

1.ピークとピークの間:
"recycle"ポジション(回収)→ きれいな溶媒を再利用すべく回収を行う
2.ピーク検出:
"waste"ポジション(廃液)→ サンプル(試料)が混入した溶媒を廃液する

といった一連の動作を自動的に行い、溶媒使用量を減らすことができる装置です。
供給不安の続くアセトニトリル節約の一助
産業廃棄物として処分する廃棄費用の削減に効果的です。
ドラム缶1本(200L)相当で約50万円かかっている産廃費用が、最大で45万円も節約が可能かもしれません。(90%の溶媒が回収できた場合。)

■高速クロマトグラフィーとの接続

高速クロマトグラフィーとの接続(図)

■高速液体クロマトグラフィーによる分離例

★一般的に、ベースライン範囲はピーク範囲より広いので、
溶媒全量のうち、少量を消費するだけで良いようになります。
高速液体クロマトグラフィーによる分離例(グラフ)
※閾値(しきいち)をユーザー様にて設定いただくことで、回収量も回収溶媒の濃度も変わって参ります。
ページTOPへ戻る
トップページへ戻る